ロスカットにならないために証拠金維持率ロスカットルール理解しよう

XMの証拠金維持率とロスカットについて

証拠金維持率とロスカットのルールを理解

ロスカットは、FX会社によって強制的に行われるもので、「ロスカット」と「強制ロスカット」は同じ意味です。

XMでロスカットにならないためにはロスカットのルールと証拠金維持率を理解することが必要です。

国内FXでは、XMのようなゼロカットシステムがないため、損失分はトレーダーが借金として返済する必要があります。

いわゆる、追証(おいしょう)と呼ばれるものですが、ゼロカットシステムが導入されているXMではロスカットによって借金を返済するための追証がないため、安心して取引が行えます。

それでは早速、FXにおける証拠金維持率についてみていきましょう。

まずはじめに、「ロスカット」とは一体に何かについてみていきましょう。

ロスカットとは

ロスカットイメージ

証拠金維持率が水準以下になった場合に、強制的にポジションが決済されることです。

各FX会社は「証拠金維持率が◯◯%以下になったら」といったように、証拠金維持率を基準にしてロスカットのルールを定めています。

XMのロスカット水準は「証拠金維持率20%以下」となります。

FXではロスカット水準が低いほど、ロスカットされにくいことになりますが、ギリギリまでロスカットされないということは、損失につながった場合には、損失分が大きくなるという側面もあります。

それでは次に、XMのロスカット水準と比較するために国内FX会社のロスカット水準についてみていきましょう。

国内FXのロスカット水準一覧表

下記は国内FX会社のロスカット水準一覧となります。

国内FX会社 最大レバレッジ ロスカット水準
DMM FX 25倍 50%
SBI FXトレード 25倍 50%
ひまわり証券(ひまわりFX) 25倍 100%
FXネオ(GMOクリック証券) 25倍 50%
みんなのFX(トレイダーズ証券) 25倍 100%

国内FX会社の場合、上記の比較表を見て分かる通り、維持率はどれも50%以上という非常に高い設定になっています。

それに比べて海外FXであるXMの証拠金維持率は、どれぐらいの設定なのかをみていきましょう。

XMの証拠金維持率は低い?

ロスカット低いイメージ

国内FX会社と比較すると海外FX会社の証拠金維持率は低く、海外FX会社の中でも、XMの証拠金維持率は低いです。

では、XMを代表とする海外FX会社のロスカット水準について各社の維持率と比較をしながら詳しくみていきましょう。

海外FXのロスカット水準一覧表

下記は海外FX会社のロスカット水準一覧となります。

海外FX会社 最大レバレッジ ロスカット水準
XM 1000倍 20%
Titan Fx 500倍 20%
AXIORY 400倍 20%
Landfx 500倍 30%
miltonmarkets 500倍 100%

XMの「証拠金維持率20%以下」は、多くの海外FX会社と比較してもユーザーにとって親切なロスカット水準となります。

注意

「損切り」と「ロスカット」は意味が異なります。
「損切り」は自分の判断で損失を確定させることをいいます。

では、なぜXMを含む海外FX会社の場合は証拠金維持率が低い設定になっているのか疑問に思うと思います。

次は、その理由について確認しておきましょう。

なぜ、海外FXの証拠金維持率が低い?

ロスカットなぜイメージ

海外FX会社の場合、「レバレッジが高い」設定になっていることから、最大25倍のレバレッジの国内FX会社に比べて、多少の値動きでも利益が出しやすい傾向になります。

また、同時に損失も出やすいことから「証拠金維持率が低い」設定になっています。

それでは、海外FXであるXMでの証拠金維持率の計算方法を実際に順を追ってみていきましょう。

証拠金維持率の計算手順

ロスカット計算イメージ

計算手順1

取引口座のレバレッジをもとに必要証拠金を計算

必要証拠金の計算方法は、XMの公式ウェブサイトにある証拠金計算機を利用してみましょう。

各項目を入力すると、現行レートでのFXに必要な証拠金が自動で計算されます。

必要証拠金を計算するには下記のXM公式ページをご覧ください。


計算手順2

証拠金維持率が20%になるタイミングの有効証拠金を計算

証拠金維持率の計算方法は以下の通りです。

証拠金維持率(%)=有効証拠金÷必要証拠金×100であることから、有効証拠金を知るには下記の計算式にて算出します。

有効証拠金=証拠金維持率(%)÷100×必要証拠金

計算手順3

強制ロスカットまで許容できる含み損(円)を計算

許容可能な含み損は、「口座残高ー強制ロスカット時の有効証拠金」で計算できます。

計算手順4

含み損(円)をpipsに換算

計算手順3で求めた金額をpipsに換算します。

1pipsの計算方法

1pips = エントリー枚数(通貨数) × 0.0001×為替レート

計算方法がわかったところで、ロスカットを一時的に回避する方法についてみていきましょう。

ロスカットを一時的に避ける方法

基本的にロスカットはユーザーの資産を保護する目的で設けられています。

しかし、もう少し粘ることで大きな利益が得られる場合も少なからずあります。

XMでのFXスキャルピングでは、このような状況になることは稀であると思いますが、有効証拠金を増やすことで証拠金維持率を上げ、一時的にロスカットを回避することが可能です。

方法は追加で入金するかボーナス(ポイント)を使用して残高を増やすことで維持率を高めることです。

では次に維持率を高めるために、残高を増やす方法について解説します。

残高を増やす方法

ロスカット残高イメージ

以下の二つの方法で残高を増やすことができます。

残高を増やす方法1

追加入金

追加入金はクレジットカードもしくはbitwalletがスピーディーでおすすめです。

残高を増やす方法2

XMポイントをボーナスに換金

XMには「XMロイヤルティプログラム」というポイントシステムがあります。

貯まったポイントは取引に利用出来るボーナスに換金可能なため、換金することで口座の有効証拠金を増やすことで維持率を高めることができます。


注意

基本的にはロスカットになる前に損切りを行い、ロスカットを心配するような局面になること自体を避けることが重要です。維持率を高めてロスカットを防ぐことに意識するあまり、FXでの損失を増やすようなことにならないようにしましょう。

まとめ:証拠金維持率とロスカット

ロスカットまとめイメージ

追加で入金もしくはXMポイントを使用すれば、維持率を高めて強制ロスカットを一時的に避けることができます。

しかし、さらなる損失になる可能性があることから、自身であらかじめ損切りするラインを設けて、ラインに達した時点で損切りすることを徹底することはFXで取引を行う上で鉄則です。

FXでの取引において、利益を積み上げるには確実に損切りすることは大変重要で、最終的に資産を増やすために最も重要であるといわれています。

実際にロスカットになりかけると、慌てて維持率を高めることに専念してしまったりすることのないように注意してFX取引を行うようにしましょう。

口座の開設がまだの方は、下記のリンクよりまずは口座を開設してみましょう。

取引口座開設でボーナスを早速GET

無料の取引ボーナスをGET

XMバナー1

ゼロカットシステムで安心 & CFD商品も取り扱い

XMバナー2
XMバナー3