トレール注文は使い所こそ限定的ですが、 賢く活用すると大きく利益を伸ばす」ことができる大変優れた注文方法

トレール注文について

トレール注文はデイトレード・スイングトレード向け

トレール注文イメージ

まず始めに、「トレール注文」はスキャルピングなどの短期トレードでは活用できないので、デイトレード・スイングトレードを行うトレーダー向けの注文方法となります。

トレール注文は、その使い方やトレール幅の決め方など、ある程度FXに慣れ親しんだトレーダー向けの注文方法になりますが、FX初心者の方もトレール注文を今後使っていくことも視野に入れ、理解しておくことをおすすめします。

それでは早速、「トレール注文」について詳しくみていきましょう。

まずはじめに、「トレール注文」とは一体何なのかについてみていきましょう。

トレール注文とは?

トレール注文とはイメージ

トレール注文とは、レートの上昇幅/下落幅に合わせて、逆指値注文をリアルタイムで自動修正する注文方法となります。

自動的に逆指値注文を修正することを、「トレールストップ」や「トレーリングストップ」と呼びます。

FX取引に伴うリスクをうまくマネージしながら、出来る限り利益を伸ばす目的で利用されています。

トレール注文は一般的に、FXのトレンドが続いている場合にのみ威力を発揮します。

また、トレンドと逆のポジションであったり、レンジ相場の場合は機能しません。

そのため、トレール注文をFX取引に利用するには、注意する必要があります。

では次に、トレール注文のメリットについて詳しくみていきましょう。

トレール注文のメリット

トレール注文メリットイメージ

トレール注文の最大のメリットは、利益が伸び続ける間は可能な限り利益を追求することができ、設定したトレール幅に到達するまでFX相場を追い続けられることです。

また、FX相場の動きに合わせて自動で24時間調整をしてくれます。<

そのため、常にチャートに張り付いている必要がないのもメリットです。

特に強いトレンド中に、大きな値動きが瞬時に発生した場合などに利用すると効果的です。

上記のように「トレール注文」は、大変効果的な注文方法ですが、もちろんデメリットもあります。

それでは次に、デメリットをみていきましょう。

トレール注文のデメリット

トレール注文デメリットイメージ

トレール注文には、デメリットもあります。

point

冒頭でも述べましたが、スキャルピングではストップにかかる確率が高いため、トレール注文には向いていません。

レンジで機能しない

レンジ相場の場合では、トレール幅が狭いとストップがプラスに更新されないままになります。

そのため、マイナスで決済される可能性が高くなります。

上記のことから、レンジ相場でのトレール注文は控えるようにすることをおすすめします。

逆張り時に利益が伸びない

逆張りを狙えるのは、反転した時やトレンドが始まった時と非常に限定的です。

そのため、ピンポイントで狙わなければいけません。

また、強いトレンドの時に逆張りを行うのはマイナス決済でストップされる可能性が大変高くなります。

上記のことから、トレール注文による逆張りで利益を伸ばすことは非常に難しいと言えます。

では次に、上述したメリットとデメリットを踏まえた上で、トレール注文の活用方法について詳しくみていきましょう。

トレール注文の活用方法

トレール注文の具体的な活用方法として、トレンド相場での順張りをご紹介します。

トレール注文の理想形としては、「リミットまでストップにならず、反転時にプラスで決済される」ことです。

しかし、なかなか思うように行かないのは、トレンドが実際にいつまで続くか、押し目でどの辺りまで下がるのか、いつの時点で反転するのかは分からないからです。

トレール注文を活用するためには、トレール幅の設定とリミット注文のタイミングが最も重要になります。

トレール幅の設定一つで同じエントリーポイントでも結果に大きな差が生まれまので、トレール幅の設定はよく考えてから決めることをおすすめします。

トレール幅の最良の設定

理想の形である「トレール幅を超えずにリミットまで到達」するには、その時のFX相場の状況に合わせる事が最良の設定であると言えます。

point

トレール幅を広く取ることは、最良ではなく大きなマイナス決済になる可能性があります。損失が非常に大きくなるため止めましょう。

FX相場のボラティリティ平均を表示する「ATR」というテクニカル指標を利用することで、FX相場の状況に合った最良の設定を行うようにしましょう。

トレール注文ATRイメージ

ATR(Average True Range)は直近の値動きの平均値を表示することが可能です。

ATRで得た数値をトレール設定値の目安にすると、現時点でのFX相場の平均ボラティリティにあった設定が可能になります。

言い換えれば、トレール値幅の設定が「大きすぎたり」、「小さすぎたり」になる可能性が低くなるのでおすすめです。

要はリミットに設定する値幅から、どのくらいの時間ポジションをホールドするかを考え、その時間足に合うATRを確認します。

例えば、ドル円(USD/JPN)で1時間足のATRが15の場合では、1時間で動く上下の値幅はおよそ15pipsとなります。

そして、1時間足一本分の15pipsがもし仮に逆行した場合にも、自身のトレンドの読みに変化がないかを判断する方法です。

15pipsの「押し」・「戻り」があり得ると思う場合、より広くトレール幅を設定します。

また、「15pips反転したらトレンド転換」と結論づけるならば、それが最良な設定であると言えます。

point

ATRによるトレール幅の設定が煩わしいと感じる場合には、損切りを設定する時と同様に資産に対するパーセンテージで判断するのも良いでしょう。

ここまで、「トレール注文」について詳しくみてきました。

それでは最後に、トレール注文に関する「まとめ」を確認しておきましょう。

まとめ:トレール注文

トレール注文まとめイメージ

トレール注文は上述した通り、上級者向けと言えます。

しかし、実際にトレール注文を活用しなくても意識する事で自身のFXトレードに幅が出る事は間違いありません。

自身のFXトレードスタイルに疑問が出てきたり、違うスタイルを模索しだしたら、試してみることをおすすめします。


口座の開設がまだの方は、下記のリンクよりまずは口座を開設してみましょう。

取引口座開設でボーナスを早速GET

無料の取引ボーナスをGET

XMバナー1

ゼロカットシステムで安心 & CFD商品も取り扱い

XMバナー2
XMバナー3