XMのみならず、FX取引でよく耳にするPIPSPIPS(ピプス)とはいったい何?

PIPS(ピプス)について

PIPS(ピプス)イメージ

pipsは値動きの最小単位

XMでは、USD/JPN(ドル/円)やEUR/JPN(ユーロ/円)などは1pips=0.01円

EUR/USD(ユーロ/ドル)は1pips = 0.0001ドル = 0.0001 × 1ドル100円の時 = 0.001円

※CFD商品の場合は銘柄によって変わります。

1lot=10万通貨で1lotエントリーした場合には、1pips = 1,000円

したがって、1lotでの取引時の1pipsは1000円です。

また、XMにはpipsや利益の計算機があるので簡単に計算できます。

これまでpips(ピプス)をFX取引であまり意識していなかった方や、これからXMを始めようとしているFXトレーダーの方は、ぜひこの機会にpips(ピプス)についてしっかりと意識してFX取引を行ってみましょう。

それでは、早速pips(ピプス)について詳しくみていきましょう。

まずはじめに、pips(ピプス)について詳しくみていきましょう。

pips(ピプス)とは

pips(ピプス)とは、「Percentage in Point」の略で、「通貨値動きの最小単位」のことです。

日本円の最小単位である1円の1%なので、USD/JPN(ドル/円)やEUR/JPN(ユーロ/円)などは1pips=0.01円となります。

例:日本円の最小単位である1円の1%なので「1pips=0.01円(=1銭)」となります。

では次に、PIPSの計算について確認してみましょう。

PIPS計算方法は?

PIPS計算イメージ

ピップ値の計算はいたってシンプルで、基本通貨・取引対象の通貨ペア・為替レート・ロットサイズで算出できます。

計算式は以下の通りです。

PIPS計算式

ピップ値 = (1ピップ/為替レート) ×ロットサイズ

1ピップ:0.0001
口座の基本通貨: EUR
通貨ペア: EUR/USD
為替レート:1.08962 (EUR/USD)
ロットサイズ:1 Lot (100000 EUR)
ピップ値 = 0.0001 / 1.08962×100000
各ピップは€9.18となります。

1pipsがいくらなのかがわかるようになると、「ドル円が○○pips動いた」や「○○pips分の利益が出た」といったように自分のトレードでも目安となるので、大変便利です。

今まであまり意識していなかったり、これからXMでFXトレードを始めるならpips(ピプス)について把握していた方が良いでしょう。

それでは次に、通貨ペア以外のCFD銘柄を扱う場合のPIPSに関する注意点をみていきましょう。

CFD銘柄のPIPSに関する注意

金や原油などのCFD銘柄でのpipsはそれぞれ異なるので注意が必要です。

ゴールド(GOLD)と原油取引のpips(ピプス)は、以下の通りです。

ゴールドの場合

ゴールドイメージ

ゴールドでのpipsは小数点ではなく、下1桁の数字(1ドル)が1pipsになります。

XMでも以前に比べてゴールド(GOLD)取引は大変人気が高い銘柄です。

しかし、pips(ピプス)の違いについてはFX通貨ペアの取引とは違うので、間違えのないように必ず気をつけましょう。

原油の場合

原油イメージ

原油は0.01ドル=1pipsとなり、1ドル動くと100pipsになります。

XMでの原油取引の場合も、ゴールド(GOLD)と同様で上記の通りpips(ピプス)が異なる点については必ず気をつけるようにしましょう。

それでは次に、1pipsの変動はいくらかについて確認してみましょう。

1pipsの変動でいくらの損益?

1pipsがいくらか知りたい場合は、XMのpips計算機を使うことをおすすめします。


ここまで、XMでのFX取引における「pips(ピプス)」について詳しくみてきました。

それでは最後に、pips(ピプス)に関する「まとめ」を確認しておきましょう。

まとめ:PIPS(ピプス)

まとめ:PIPS(ピプス)イメージ

自分のFXトレードでも目安となるpipsは、分かるとシンプルで非常に便利なスケールです。

また、計算機は取引するFX通貨ペアやCFD銘柄ごとに1pipsの利益を自動計算してくれるツールで大変便利です。

もし、これまでpips(ピプス)に関して、FX取引で特に意識していなかったトレーダーやこれからXMでFX取引を始めようと思っている方は、ぜひこの機会にしっかりとpips(ピプス)について意識してFX取引を行うようにしましょう。

また、FX通貨ペア以外ではpips(ピプス)がそれぞれ異なる点も気をつけて自身のトレードの幅を広げるようにしましょう。

FX初心者トレーダーにとって、pips(ピプス)は初めは分かりづらいかもしれませんが、一度理解すればトレードしていく中で感覚的にも覚えていくので、繰り返しになりますが、FX取引では必ずpips(ピプス)を意識するようにしましょう。

口座の開設がまだの方は、下記のリンクよりまずは口座を開設してみましょう。

ゴールドにに関する詳しい記事は、下記のページをそれぞれご覧ください。

原油トレードに関する詳しい記事は、下記のページをご覧ください。

取引口座開設でボーナスを早速GET

無料の取引ボーナスをGET

XMバナー1

ゼロカットシステムで安心 & CFD商品も取り扱い

XMバナー2
XMバナー3