レンジブレイクを意識して活用すると、「売り」「買い」のどちらが相場で強いのかを判別できる!

レンジブレイクについて

FX基本中の基本だけどベスト!

FXの取引でよく耳にする「レンジ」とは「買い」と「売り」の力が拮抗して、一定の範囲で膠着状態のFX相場を言います。

レンジブレイクとは、「買い」と「売り」のどちらか一方に方向性が定まって、突き進んだその方向に乗って利益を得るFXの手法です。

FX取引において、多くのトレーダーが活用しているのでこの機会にぜひ習得しましょう。

それでは早速、FXにおける「レンジブレイク」について詳しくみていきましょう。

ではまず、はじめにFXにおける「レンジブレイク」とは一体何なのかをみていきましょう。

レンジブレイクとは?

レンジブレイクとはイメージ

FXにおける「レンジブレイク」は平たく言えば、レンジ相場が崩れた(ブレイクした)時にFXトレードするテクニックです。

非常にシンプルな手法ですが、他のFX取引手法と比較しても効果的な手法です。

これまで利用したことのないFXトレーダーは、ぜひ活用してみましょう。

活用方法

レンジブレイク活用方法イメージ

上記のイメージは、実際にレンジが上にブレイクしたものです。

これはFXの相場に置いて「売り買い」の膠着状態から、「買い」が勝り、価格が上昇したと判別し、FX相場の価格は上昇すると予測が出来ます。

FX相場がレンジ相場の状態になってきたら、ブレイクを待ってブレイク方向についていくだけです。

POINT

レンジ相場が続いた時間が長いほど、ブレイク後の値幅も大きくなります。

では次に、レンジブレイクをFXで活用する上で重要なエントリーポイントについてみていきましょう。

エントリーポイント

エントリーポイントイメージ

レンジブレイクのエントリートはレンジブレイクして戻ってきたところになります。

確実にレンジブレイクして、レンジの上(下)辺まで戻ってきたタイミングでエントリーするようにしましょう。

レンジブレイクも他のFXチャート同様に、残念ながら「だまし」が発生します。

では、次にFXの取引を行う上で注意しなくてはいけない「だまし」について確認しておきましょう。

「だまし」について

だましについてイメージ

レンジブレイクの「だまし」は、レンジブレイクしたかのように動き、その後すぐに逆方向に価格が動くことです。

場合によっては、大きな損失につながります。

レンジブレイクをうまく活用するためには回避する方法を知っておく必要があります。

「だまし」の回避方法

だましの回避方法イメージ

上にブレイクしても上のヒゲなどが発生したりした場合には、トレード自体をしないことで回避します。

トレードすべきタイミングは上述のように、レンジ上(下)辺あたりまで戻ってきたタイミングです。

「だまし」回避のポイントは必ず待つことです。

早まって自分の都合の良いようにFXトレードをしてしますと「だまし」によって確実に勝率が下がります。

それでは次に、利益確定をどこに定めるのかについてみていきましょう。

利益確定ライン

レンジブレイク利益確定ラインイメージ

「レンジブレイクの後」はレンジの値幅分か、それ以上が見込める傾向にあります。

実際には、レンジの値幅分よりさらに伸びる可能性はありますが、利益確定ラインはレンジの値幅分でとどめることをおすすめします。

多くのFXトレーダーが意識している「レンジブレイク」なので、レンジの値幅分も当然意識されているので利益確定しておく方が無難です。

次に損切りのラインをどこに設定するかについて確認しておきましょう。

損切りライン

レンジブレイク損切りラインイメージ

損切りラインは、レンジブレイクした起点の若干、下(上)です。

もし、レンジブレイクの後に伸びない場合には、ためらうことなく、すぐに決済するようにしましょう。

一般的にレンジブレイク後は価格がすぐに動くはずです。

そのため、もし動きが鈍いようなケースでは、一度決済して改めてエントリーするようにしましょう。

POINT

基本的にはレンジブレイク後に価格が戻った際にトレードするFX手法のため、戻りが無いケースではFXトレードを控えることをおすすめします。

それでは最後に、FXにおけるレンジブレイクに関する「まとめ」について確認しておきましょう。

まとめ:レンジブレイク

レンジブレイクまとめイメージ

FXの取引において重宝する「レンジブレイク」についてみてきました。

レンジブレイクは、その他の様々なFX手法のエントリーでタイミングをはかる際にも重宝します。

また、レンジブレイクは大変わかりやすいFXの取引テクニックの代表といえます。

レンジブレイクを意識して活用すると、「売り」「買い」のどちらがFX相場で強いのか、弱いのかを判別できるようになります。

今までレンジブレイクをFX相場で意識したことがないFXトレーダーは、この機会にぜひ利用することをおすすめします。


口座の開設がまだの方は、下記のリンクよりまずは口座を開設してみましょう。

取引口座開設でボーナスを早速GET

無料の取引ボーナスをGET

XMバナー1

ゼロカットシステムで安心 & CFD商品も取り扱い

XMバナー2
XMバナー3