TDシーケンシャルはサイクル理論を基にした大変便利なFX指標です。まずは試してみましょう

TDシーケンシャルについて

TDシーケンシャルはサイクル理論を基にしたFXテクニカル指標

TDシーケンシャル(TD Sequential)は、FXチャートのトップとボトムを狙った特異なテクニカル指標の一つです。

これまでTDシーケンシャルを利用したことのないFXトレーダーや、これからXMでFXを始めようとしている方は、この機会にぜひ利用してみることをおすすめします。

それでは早速、「TDシーケンシャル」について詳しくみていきましょう。

まずはじめに、「TDシーケンシャル」とは一体何なのかについてみていきましょう。

TDシーケンシャルとは?

TDシーケンシャルとはイメージ

アメリカ人であるトム・デマーク(Tomas R DeMark)が、1990年代に発明したテクニカル指標の中で、特に有名なのがTDシーケンシャルです。

TDはトム氏のイニシャルが由来で、他にもTDコンボ(TD Combo)、オシレーター系のデマーカー(DeMarker)なども存在します。

他にTDを冠するツールでは、TD Line、TD Camouflage、TD Clop、TD Clopwin、TD Moving Avarage、TD Open、TD Point、TD Trapなど多岐に渡ります。

TDシーケンシャルがもっとも有名な理由は、「サイクル理論」を基として「相場のトップとボトム」を把握することを目的としているためです。

サイクル理論」とは、『安値から安値』をひとつのサイクルとみなし、この一定のサイクルから転換点を把握するという理論です。

point

非常に便利なFXツールなのに広まっていないのは、著作権の問題が厳しく、高額なライセンス支払いが発生するため、一般的なFX会社のチャートにはデフォルトでは見かけません。デマーク氏の著書が一番詳しいので興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

では、早速TDシーケンシャルの使い方をみていきましょう。

TDシーケンシャルの使い方

TDシーケンシャルの使い方イメージ

TDシーケンシャルでは1〜13のナンバーを利用して、トレンドの転換を捕捉します。

もっとも簡単な方法は「9」と「13」の2つの数値に着目することです。

9」が点灯したら短期トレンドの転換タイミング

13」が点灯したら中長期トレンドの転換タイミング

全てがシグナル通りとはなりませんが、多くのFX相場の局面で転換を確実に捉えているという結果があります。

では次に、MT4インジケーターの入手方法をご紹介します。

MT4インジケーターの入手方法

TDシーケンシャルの入手方法イメージ

MT4の無料インジケーターをネット検索するといくつかの配布サイトが見つかります。

ダウンロードすることで、TDシーケンシャルはお使いのMT4で利用することができます。

しかし、ネット上にあるものは、デマーク氏の非公認インジケーター

そのため、無料のFXインジケーター毎で計算式が異なったりする点は前もって理解しておきましょう。

ダウンロードも完了し、お使いのMT4での準備が整ったら表示方法についてみていきましょう。

表示方法

TDシーケンシャル表示方法イメージ

表示する手順は以下の通りです。

MT4を起動し「ファイル」→「データフォルダを開く」→「MQL4」→「indicators

ファイルをドラッグ → MT4再起動で完了です。

ここまで、「TDシーケンシャル」について詳しくみてきました。

それでは最後にTDシーケンシャルに関する「まとめ」を確認しておきましょう。

まとめ:TDシーケンシャル

TDシーケンシャルまとめイメージ

MAB_TD_Sequential.mq4は、割と多くのXMユーザーがFXトレードに利用している傾向にあります。

視認性も含めて分かりやすく、実際に扱いやすいので自身のFXトレードに組み込みたいと興味のある方は、是非試してみることをおすすめします。


口座の開設がまだの方は、下記のリンクよりまずは口座を開設してみましょう。

取引口座開設でボーナスを早速GET

無料の取引ボーナスをGET

XMバナー1

ゼロカットシステムで安心 & CFD商品も取り扱い

XMバナー2
XMバナー3