XMのスプレッドは広いけど人気・評判の理由他にないお得な点が理由です!

スプレッドについて

スプレッドイメージ

XMのスプレッドを口座別&他の海外・国内FXと比較

XMのスプレッドは広いのでしょうか?

実は多くのネット情報などでは、XMのスプレッドは広いとされています。

では、もしそれが事実であれば、なぜこれほどまでにXMは人気なのでしょうか?

XMの「スプレッド」について詳しくみていきましょう。

では、まずはじめに「スプレッド」とは一体何なのかについてみていきましょう。

スプレッドとは

スプレッド = 取引時にかかるコストのことです。

スプレッドが狭い(低い/小さい)方が、FX取引時に毎回かかるコストが低く、逆にスプレッドが広い(高い/大きい)ということは、FX取引時にかかるコストは高いということです。

また、そのコストはpips(ピプス)という単位を使用します。

それでは次に、pips(ピプス)とは一体何なのかについてみていきましょう。

pips(ピプス)とは

pips(ピプス)とは、「Percentage in Point」の略で、「通貨値動きの最小単位」のことです。

日本円の最小単位である1円の1%なので、USD/JPN(ドル/円)やEUR/JPN(ユーロ/円)などは1pips=0.01円となります。

また、XMにはpipsや利益の計算機があるので簡単に計算できます。

XM公式サイトにあるピップ計算機は、下記のページから閲覧ができます。

では次に、XMの口座タイプによってスプレッドに違いがあるので、代表的なFX通貨ペアで比較して確認しておきましょう。

XM口座タイプ別スプレッド一覧

XMの口座タイプ別のスプレッド比較は以下の通りです。

口座名 スタンダード口座 マイクロ口座 ゼロ口座
USD/JPY 1.5pips
最小
1.6pips
平均
1.5pips
最小
1.6pips
平均
0.1pips
最小
0.1pips
平均
EUR/USD 1.6pips
最小
1.7pips
平均
1.6pips
最小
1.7pips
平均
0.1pips
最小
0.1pips
平均
EURJ/PY 2.3pips
最小
2.5pips
平均
2.3pips
最小
2.5pips
平均
0.1pips
最小
0.2pips
平均
GBP/JPY 3.2pips
最小
3.6pips
平均
3.2pips
最小
3.6pips
平均
0.1pips
最小
1.2pips
平均
AUD/USD 1.6pips
最小
1.8pips
平均
1.6pips
最小
1.8pips
平均
0.1pips
最小
0.4pips
平均
注意

ゼロ口座では取引手数料が必要となります。

10万通貨あたりで片道5ドルかかるので1回のFX取引で合計10ドルの手数料が発生します。

では次に、XMを含む海外FX会社によってもスプレッドに違いがあるので、まずは確認してみましょう。

海外FX会社スプレッド一覧

XMのスプレッドと他の海外FX会社との比較は以下の通りです。

海外FX XM AXIORY GEMFOREX iFOREX LAND-FX Titan FX
USD/JPY 1.6pips 1.5pips 1.6pips 0.9pips 0.9pips 1.33pips
EUR/USD 1.6pips 1.3pips 1.6pips 0.9pips 0.7pips 1.2pips
EUR/JPY 2.6pips 1.7pips 1.7pips 1.2pips 1.4pips 1.74pips
GBP/JPY 3.6pips 1.8pips 1.8pips 2.3pips 2.0pips 2.45pips
AUD/USD 1.8pips 1.7pips 1.5pips 0.8pips 1.3pips 1.52pips
注意

※公平を期すために「平均スプレッド」で比較しています。

XMのスプレッドは他のFX会社よりも比較的広い設定になっています。

そもそもなぜXMのスプレッドが狭くないのか疑問に思う方も多いと思います。

次にXMのスプレッドが広くなる理由についてみていきましょう。

XMのスプレッドが広い理由

スプレッドが広い理由1

NDD方式のため

NDD(ノンディーリングデスク)方式とは、市場とユーザーの間にFX会社が介在する方式です。

そして、あくまで市場にユーザーの注文を通す存在になります。

そのため、透明性の高い取引方式ですが、NDD方式を採用しているXMはスプレッド(手数料)分のみがXMの利益となります。

一方、DD(ディーリングデスク)方式はFX会社とユーザー間の直接取引になるため、ユーザーが損失するとその損失分がFX会社の利益になります。

また、DD方式のFX会社はユーザーの約定を拒否することも可能です。

さらに、スリッピングが見られることもあるため、決して透明性が高いとは言えません。

XMではNDD方式を採用しており、ゼロカットシステムのおかげで追証がないということでもわかる通り、透明性および信頼性が高いのは事実です。

しかし、スプレッドは決して狭いと言えるものではなく、スプレッドは広いです。

スプレッドが広い理由2

変動スプレッドのため

XMは変動スプレッドのため、常に同じスプレッドに固定されているわけではありません。

ユーザーにとってスプレッドが広くなったタイミングでFX取引を行った場合には、他のFX会社と比較すると結果的にスプレッドが広いということになります。

スプレッドが変動しやすいタイミング・時間帯(ニュース発表前後)については、FX初心者の方は特に注意する必要があります。

スプレッドが広い理由3

多くのボーナスやポイントをユーザーに還元しているため

XMでは口座開設ボーナス・入金ボーナスを無期限で行なっています。

さらにユーザーが世界中で100万人以上いることから人気であるがゆえに、コストがかかります。

XMが常時行なっているボーナスキャンペーンおよびお得なサービスは以下の通りです。

  1. 口座開設ボーナス(3,000円)
  2. 入金ボーナス(50万円)
  3. XMポイント(ロイヤルティ・プログラム)
  4. お友達紹介ボーナス(3,500円)

XMポイントに関する詳しい記事は、下記のページをご覧ください。

では次に、XMが多くのFXトレーダーに支持され続けている理由についてみていきましょう。

以下が、他のFX会社と比べてXMが人気・評判の理由です。

  • XMを利用するメリットは1000倍というレバレッジの高さ
  • リクオート(約定拒否)がなく、圧倒的な約定力の高さ
  • 長年にわたる出金実績と運営の透明性による信頼性の高さ
  • ボーナスやXMポイントの優遇によるユーザーへの還元率の高さ

ここまで、「スプレッド」について詳しくみてきました。

また、スプレッドが広いのになぜXMが人気があり評判なのかも併せて確認してきました。

それでは最後に、XMのスプレッドに関する「まとめ」を確認してきましょう。

まとめ:スプレッド

XMのスプレッドが広いのは事実です。

しかし、XMならではのメリットは数多くあり、特に入金ボーナスを資本金として取引に使用できるため、スプレッドが広いことを補う形でFXトレードができることです。

それゆえ、スプレッドでは劣っていても他のFX会社よりもXMの方が総合的に見てお得という面があり、多くのFXトレーダーに利用され続けています。

XMの人気の理由でもあるハイレバと公認のスキャルピングを駆使して、たとえスプレッドが広くても効率よく資金を積み上げるようFX取引を進めるようにしましょう。

口座の開設がまだの方は、下記のリンクよりまずは口座を開設してみましょう。

取引口座開設でボーナスを早速GET

無料の取引ボーナスをGET

XMバナー1

ゼロカットシステムで安心 & CFD商品も取り扱い

XMバナー2
XMバナー3