ピンパーを利用すればローソク足も他のインジケーターなどと併用して活用できる!

ピンバー(pin bar)について

ヒゲの長さがローソク足自体の3倍以上あると効果的

FXトレーダーにとっては、ローソク足のヒゲを意識する人は多いです。

しかし、FXチャートを見続けていないかぎり、ヒゲが出たタイミングは見逃してしまいます。

ピンバーはそのヒゲの部分を活用して、FX相場の状況を判断するために利用します。

ピンバーを活用すれば、FX相場を予測する機会が増えるので試しに利用してみてはいかがでしょうか?。

それでは早速、「ピンバー(pin bar)」について詳しくみていきましょう。

では、まずはじめに「ピンバー(pin bar)」とは一体何なのかをみていきましょう。

ピンバー(pin bar)とは?

ピンバー(pin bar)とはイメージ

ピンバーは、ローソク足の形のタイプです。

ピンバーの定義は、ローソク足自体が小さく長いヒゲが特徴です。

そして、ヒゲとの比率によってピンバーか否かを判断します。

一般的には、ヒゲの長さが実体の3倍以上あると有効な場合が多いとされています。

ローソク足自体が小さ過ぎず、また、大き過ぎないものが、良い塩梅のサイズが良いとされています。

また、ローソク足自体が短いヒゲと近ければ近いほど良いケースが多いです。

POINT

ヒゲが長く、ローソク足が適度な大きさの場合、多くのFXトレーダーが圧力が強いと判断する傾向が強く、反転パターンとなることもあります。

では次に、ピンバーの種類について詳しくみていきましょう。

ピンバーの種類

ピンバーの種類イメージ

ピンバーの種類は以下の2種類です。

上向きのピンバー

始値から、上昇して高値を付けて、大きく下降して安値になった後に反発した場合、終値は始値より高い位置にあるため、ローソクの部分は短くなります。

このようなケースでは、次のローソク足以降はFX相場が上昇する傾向が強いと言われています。

上昇傾向の強いピンバーの特徴は以下の通りです。

  • ローソク自体が短い
  • 上ヒゲが短い
  • 下ヒゲが長い
POINT

ヒゲの長さに明確な基準はありません。

下向きのピンバー

上向きのピンバーの反対になるのが下向きのピンバーなので分かりやすいです。

この形になったケースでは、その後にFX相場が下降する傾向が強いと言われています。

では次に、「ピンバー」の導入方法についてみてみましょう。

ピンバーの導入方法

ピンバーの導入方法イメージ

ピンバー(長いヒゲ)が現れたら矢印でお知らせしてくれるMT4用のインジケーターに「pin-bar」「pinbar-detector」があります。

どちらも検索すれば、すぐに見つかる無料のFXインジケーターなので是非導入してみましょう。

pin-bar」では矢印が表示され、「pinbar-detector」ではニコちゃんマークが表示されます。

次に、ピンバーの予測がどれぐらい当たるのかについてみてみましょう。

ピンバーの予測率

ピンバーの予測率イメージ

ピンバー(pin bar)による予測率確率は単体では、残念ながら50%ほどと言われています。

そのため、他のFXインジケーターとの併用は必須と言えます。

ピンバー単体での予測率が低いことから、何と併用すれば良いのかをみていきましょう。

下値支持線・上値抵抗線との併用

下値支持線・上値抵抗線との併用イメージ

下値支持線(サポートライン)や、上値抵抗線(レジスタンスライン)と併用する方法は下記の通りです。

下値支持線(サポートライン)

下値支持線まで為替レートが下降した場合に、反発して上昇する傾向が強い。

上値抵抗線(レジスタンスライン)

上値抵抗線まで為替レートが上昇した場合に、反発して下降する傾向が強い。

サポート・レジスタンスラインと併用する形でピンバーを活用すると、比較的高い確率で予測できるのが特徴です。

水平ラインに関する詳しい記事は、下記のページをご覧ください。

では次に、他のインジケーターとの併用をみていきましょう。

インジケーターとの併用

インジケーターとの併用イメージ

インジケーターとの併用も可能なので是非活用してみましょう。

FX相場の転換を知らせてくれるインジケーターと併用して使うことにより、確率を向上させることができます。

例えば、RSIとの併用は多くのFXトレーダーに利用されています。

RSIが上値をつけたタイミングでピンバーが現れれば、単体に比べて期待できます。

POINT

RSIの各種パラメータを適時変更して最適化することは必要です。

それでは、次に重要な利益確定のタイミングについて確認しておきましょう。

利確タイミング

利確タイミングイメージ

レンジ相場の下限でピンバーが現れて「買い」エントリーをした場合、レンジ相場の上限が利確ポイントの理想と言えます。

トレンド相場の押し目でが現れて「買い」エントリーをした場合、トレンドの方向性にできる限りキープしてから利確することが理想と言えます。

POINT

決済タイミングは理想通りにいかないこともあるので、その他の相場の状況も加味して決済するようにすることをおすすめします。

それでは、次に「損切りのタイミング」について確認しておきましょう。

損切タイミング

損切タイミングイメージ

損切りするタイミングは、下記の通りです。

  • 上向きのピンバー → ピンバーの安値以下になったら損切り
  • 下向き示唆のピンバー → ピンバーの高値以上になったら損切り
POINT

ピンバーの長いヒゲを超えたら損切りするように心がけましょう。

ここまで「ピンバー(pin bar)」について詳しくみてきました。

それでは最後に、ピンバー(pin bar)に関する「まとめ」を確認しておきましょう。

まとめ:ピンバー

ピンバーまとめイメージ

FX相場の状況にもよりますが、他のインジケーターなどと併用したとしても、もちろん結果は100%ではありません。

ピンバーを活用することで予測する機会を増やし、無駄なエントリーをしないように心がければ、FXトレードで有効に活用できると思います。

ピンバーを単体ではFX取引には利用せずに、必ず他のFXインジケーターと併用して活用するようにしましょう。

今まで、ピンバーを使ってFX取引を行っていなければ、ご自身のFXトレードにピンバーを活用してみてはいかがでしょうか?

口座の開設がまだの方は、下記のリンクよりまずは口座を開設してみましょう。

取引口座開設でボーナスを早速GET

無料の取引ボーナスをGET

XMバナー1

ゼロカットシステムで安心 & CFD商品も取り扱い

XMバナー2
XMバナー3